Uroad-Home2+と比較してnovas Home+CAを評価してみた!

据置型のルーターとして人気だった「Uroad-Home2+」。その後継機として登場したのが「novas Home+CA」です。
では最新の据置型ルーター「novas Home+CA」にはどんな魅力があるのか、評価してみました。

「novas Home+CA」の一番の魅力は、回線工事などをする必要がなく自宅ですぐにインターネットが楽しめるという事です。
通常自宅でインターネットを楽しみたい時は、わざわざ固定回線を引かなくてはいけません。
しかし「novas Home+CA」はそんなことをする必要はなく、ルーターが届いたらすぐにネットを始められます。
これは「novas Home+CA」に限らず他の据置型ルーター全体に言える大きな魅力です。

気になる通信速度ですが、「novas Home+CA」の下り最大速度は220Mbpsという速さです。
「Uroad-Home2+」の下り最大速度が110Mbpsですから、「novas Home+CA」が最新機器にふさわしい通信速度があることがわかると思います。
「novas Home+CA」がこの速さを可能にした理由は、CAというシステムを導入しているからです。
CAは複数の回線をまとめて速度の高速化をはかるというシステムです。「novas Home+CA」は110Mbpsの回線を2つまとめているから、この速さが可能になったんですね。
上りの最大速度はどちらも10Mbpsで同じですが下りの最大速度では倍の差があるので、「novas Home+CA」の通信速度は満足できるという評価が出来るのではないでしょうか。

また、「novas Home+CA」は同時接続数が有線LAN2台、無線LAN16台の18台になります。
これは無線LAN16台だった「Uroad-Home2+」に比べて大きなメリットですよね。
しかし「novas Home+CA」が利用できる回線はWiMAX2+だけで、WiMAXは利用できません。
これはWiMAXも利用できた「Uroad-Home2+」との大きな違いです。
基本的にWiMAX2+があればWiMAXは必要ないと思いますが、WiMAXを利用したいと考えている人は気を付けてくださいね。

「novas Home+CA」の魅力ついて語ってみました。
「novas Home+CA」は「Uroad-Home2+」の上位交換というのが最終的な評価です。
もし据置型ルーターを購入しようと思っているのなら、最新型の「novas Home+CA」を選ぶことをおすすめします。

通信速度の速さが売り!WiMAX2+の対応エリアは?

通信速度が速いとして人気のWiMAX2+。
利用を検討している人も多いでしょうが、自分が住んでいる場所はWiMAX2+の対応エリア内なのか、そもそもエリアって何?という人も多いのではないでしょうか。
そんなエリアの意味と、WiMAX2+の対応エリアについて説明したいと思います。

WiMAX2+に限らず他の回線でも出てくる単語、対応エリア又はサービスエリア。これはその回線でインターネットが出来る地域を指しています。
実は回線によっては、特定地域ではサービスが提供されていなくてインターネットが出来ないことがあるのです。
この「インターネットが出来ない地域」は各回線によって違います。
その為、新しいモバイル回線と契約しようと考える時は、まず自分の地域が契約したい回線の対応エリア内なのか調べる必要があるということなんですね。
対応エリアを事前に調べずに契約をしてしまって後悔、なんて事を防ぐためにも、必ず対応エリアを調べましょうね。

WiMAX2+の対応エリアを調べる方法ですが、モバイルの公式サイトなどで対応エリアを調べることができます。
エリアマップなどで大まかな対応エリアを調べるんじゃなく、必ずピンポイントエリア判定で住んでいる家や仕事場などのネットを使いたい場所がエリア内かを調べた方がいいですね。
エリアマップで対応エリアに認定されていてもピンポイントで電波の悪い場所などもありますので、必ずネットを利用したい場所の住所を入力してエリア判定する事をおすすめします。
せっかく通信速度が速いWiMAX2+と契約しても、ネットとの繋がりが悪かったら宝の持ち腐れですから。

ただ、WiMAX2+の対応エリア自体は拡大し続けています。
サービスが始まった当初は対応エリアはそんなに広くなかったんですが、それから時間がたった今では北海道から沖縄まで、対応エリアもかなり拡大しました。
今は対応されていない地域でも、その内対応エリアに含まれる事も十分あり得ます。
ぜひWiMAX2+を利用して、売りの通信速度の速さを実感してみてください。

これからWiMAX2+を使いたい方へ!かんたんプロバイダ比較のポイントは3つだけ

WiMAX2+を使ってみたいと思うけど、プロバイダの選び方がわからなくて困っている人はいませんか?GMO、BIGLOBE、Niftyとか…。たくさんある情報から何を基準にプロバイダを選べば良いのか悩みますよね。

もうご存知かもしれませんが、すべてのWiMAX回線を提供しているのはUQです。どのプロバイダと契約してもUQの回線を使用することになるので、WiMAX2+回線の速度、利用できるエリアはすべて同じなのです。ですから「速度」と「エリア」は比較する必要がありません。ここまで読んでプロバイダと契約するメリットを感じない人、面倒だなと感じた人は“UQと直接契約”を選択肢に入れてみてください。

では、簡単にプロバイダを比較するポイントを3つ教えます。
1.料金
2.プロバイダのメールアドレスがもらえる
3.キャンペーン特典

この3つがプロバイダと契約するメリットといえます。

WiMAX2+の料金はプランによって異なるため、それぞれ契約したいプランを比較してみてくださいね。次、プロバイダのメールアドレス(~@nifty.com等)は、プロバイダと契約することで貰えちゃいます。フリーメールはセキュリティに不安もありますし、ビジネスシーンで使えないって事もありますよね。一つプロバイダのメールアドレスを持っていれば、重要なメールを送受信する場合も、ビジネスシーンでも安心して使うことができます。

WiMAX+2を提供しているプロバイダについて紹介していきます。各サイトで最新のキャンペーン内容を比較してみましょう。

●GMOとくとくBB(http://gmobb.jp/)・・・GMOインターネット株式会社が運営するプロバイダ。契約20日以内のキャンセルができるので、現在人気の高いプロバイダです。支払い方法:クレジットカード。

●BIGLOBE(http://www.biglobe.ne.jp/)・・・元NEC系の老舗プロバイダ。電話サポートが年中無休で、初心者も安心のプロバイダです。支払い方法:クレジットカード、口座振替。

●@nifty(http://setsuzoku.nifty.com/wimax/)・・・富士通の子会社が運営している老舗プロバイダ。支払い方法:クレジットカード、口座振替。

●Broad WiMAX(https://wimax-broad.jp/)・・・株式会社リンクライフが提供するWiMAXサービスです。2008年からインターネット関連サービス始めています。支払い方法:クレジットカード、口座振替。

●So-net(http://www.so-net.ne.jp/)・・・SONYの子会社が運営する老舗プロバイダ。支払い方法:クレジットカード。

最後に、キャンペーン特典は貰うまで忘れないように気をつけてください。以上です。

WiMAX端末「Speed Wi-Fi NEXT W03」の評価について

WiMAX端末「Speed Wi-Fi NEXT W03」の評価について。Speed Wi-Fi NEXT W03こちらの端末はWiMAXで利用ができます。こちらの特徴は外出先でもWiMAXの電波が利用できますし、東京などの大都市ではLTE電波も含めて3つの周波数を束ねることで、さらに高速の受信最大370Mbpsを実現。また、日本全国に広がるWiMAX2+のキャリアアグリゲーションにより、下り最大220Mbpsの高速通信をご利用いただくことができます。

さらにスマートフォンなどの端末も、NFC機能が対応していたら初期設定で携帯電話をSpeed Wi-Fi NEXT W03にかざすだけで接続設定が完了します。こちらの機能は結構評価が高い部分になっています。外出先で利用しているので気になるのは、電池の持ちですが、自動で省エネモードになるようにできますので、外で利用するときも長い時間利用が可能になるようにできます。

そしてWi-Fi 11ac搭載で高速通信を最大限体感できるように最新の電波周波数になりますが速度が出やすいとされています。Speed Wi-Fi NEXT W03はこちらに対応をしておりますので、今までWiMAXを使っていた方もさらなる速さを実感できるのかもしれません。

ネットサイトの評価もみてますと、結構評判も良いです、本当に使いやすいのではないのでしょうか、あらゆる部分で使いやすいようにしっかりと設計をされているような印象をうけます。こちらをうまく利用をすることでスマートフォンをの月額利用料も安く抑えることも可能になりますし、簡単にインターネットにも接続ができるようになるので、それらの点を考えると、十分に購入するのに値するのではないでしょうか?やはり長期間使うものになりますので適切な判断を行って購入をすることやよさそうなのでぜひ参考にしてみてください。

動画視聴をしたいが速度制限が気になる方にもWiMAX2+はお勧めです

私がWiMAX2+を使用する上で心配していたのは速度制限でした。
速度制限っていうのは3日で3G以上のデータ通信をすると通信速度が著しく低下するんです。
WiMAX2+初期の頃はこういう速度制限はなくて大人気だったんですが、2015年4月からどの会社のWiMAX2+でも速度制限がかかるようになりました。
速度制限中の通信速度は1m/bpsあるかないかまで低下しました。
一時期は速度制限中は使いものにならない、せっかく通信量を気にせずに使えるギガ放題に加入したのにショックだって話をよく聞くようになり私も敬遠してたんです。
今でもこれがネックとなり、自宅で使用するインターネット回線は速度制限のない固定回線(光やADSL等)じゃないとって方も結構いらっしゃると思います。

しかしさすがにこのままでは不味いとWiMAX2+の会社も感じたんでしょう。
この速度制限が緩和されました。
といっても緩和が完全に無くなったわけではありません。ギガ放題に加入していてもやっぱり3日3G以上の通信を行うと速度制限に引っかかってしまいます。
問題は速度制限中でも快適に使用出来る速度が出てるかどうかです。
誰もがよく利用し、なおかつ速度制限にかかるほどの通信量を必要とするのが動画視聴です。
無料視聴出来るYoutubeやニコニコ動画もあれば、最近はHuluやNetFlixといった有料動画配信サービスも沢山あります。
PCやスマホだけじゃなく大半の自宅テレビでも観れるようになってますし、快適に動画視聴出来るかどうかが気になる所です。

有料動画配信サービスのHuluを基準に考えみるとHuluはHD画質で動画配信しています。
HD画質をストレスなく観るためには最低2~3m/bps必要とされてるんですが(デバイス側のスペックもある程度は必要です)、速度制限中でも4~5m/bpsの速度が出るようになってます。
つまり速度制限中でも余裕でHD画質を観ることが可能なんです。
もしWIMAX2+の使用目的が動画視聴なのでしたら、WiMAX2+の加入も検討してみてください。

人気の機種で高評価!WiMAX端末ならSpeed Wi-Fi NEXT WX02

家の中でも、外に持ち出しても使い勝手の良いモバイルWi-Fiって最近人気あリますよね。申し込んでから回線工事とか面倒な手続きが必要ないので賃貸住宅とか社員寮で生活する若い人には使い勝手が良いんです。そんなモバイルWi-Fiで使用するWiMAX端末で人気があって評価も高いのがNECのSpeed Wi-Fi NEXT WX02なんです。ではSpeed Wi-Fi NEXT WX02のどんな点が評価されて人気があるんでしょうか。確認してみましょう。Speed Wi-Fi NEXT WX02が対応するネットワークはWiMAX 2+とWiMAXです。WiMAX 2+は下り最大220Mbpsの高速通信で現在のモバイルWi-Fi通信の主流です。一方WiMAXは下り最大13.3Mbpsですが地下鉄東京メトロの駅など交通機関で完備されているのでつながりやすさが魅力です。Wi-Fi規格も最新のIEEE802.11ac/n/a(5GHz帯)にも対応しているので、Wi-Fi環境下でもつながりやすく高速通信ができます。Bluetoothによるテザリング機能搭載でスマホやタブレットとの連携もスムースです。Speed Wi-Fi NEXT WX02バッテリー使用時間は、Wi-Fi接続の連続通信時にはWiMAX 2+のハイパフォーマンスモード時で約440分、エコモード時なら約600分です。連続待受のウェイティングでは約35時間という長さが魅力です。Speed Wi-Fi NEXT WX02はコンパクトさも評価されています。サイズ(mm)は約110×66×9.3で重さは約95gだから外出時の持ち運びでも負担が少ないのがうれしいですね。Speed Wi-Fi NEXT WX02の通信性能は高速でつながりやすく、バッテリーもタフで長持ち、そしてコンパクトで持ち運びも簡単。つまりモバイルWi-Fiの端末に要求される性能を満たしているんです。だから人気があって評価も高いんですね。

そうだったの?ワイモバイルと比較してWiMAX2+が人気の理由3点!

スマートフォンが主流となってから、モバイル回線を契約する方も増えています。確かに、モバイル回線を使わなかった場合は月末になると通信規制が入ってしまって一気にデータの使用が遅くなったりもします。プライベートはもちろん仕事でも問題になってしまいますよね。ですが、実際どのモバイル回線が良いのか分からないなんて方も多いはず。長年の愛用者に話を聞いてみると「WiMAX2+の方が良い」という意見が圧倒的でした。他にもワイモバイルなどもありますが、WiMAX2+の方が魅力的なそう。それには3点の違いがあったのです。

まず1つ目は、使える範囲が広いということ。以前はワイマックスの方が広いエリアで使うことができて人気だったのですが、WiMAX2+を契約した場合にはauのLTEエリアでも使うことができるようになったため、一気に使用可能エリアが広がりました。それ以外にも計3つの回線を使うことができるので比較的どこでも使うことができるのが1番の魅力なようです。

2つ目は、ワイマックスとは違って好きな分だけデータ通信を楽しむことができることです。実はワイマックスの場合は、「3日で3GB以上使うと通信規制がかかる」なんてデメリットがあります。これはあくまで通信の混雑を回避するための施策なのですが、せっかくモバイル通信機を持っているのに制限されるのは少し違うような気がしてしまいますよね。それに比べてWiMAX2+はいくら使っても通信規制がかかることがないので、どこでも安心して使うことができます。

最後に3つ目が、データ通信にスピードが早いことです。先程もご紹介した通り、WiMAX2+は計3つの回線を使っているので、どれかの回線が繋がらなくても他の回線ですぐに対応することができます。なので、「なかなか繋がらないな」なんてストレスに感じることなく使うことができるのです。ワイモバイルの場合も、都会などの環境であれば通信スピードは速いのですが、郊外に出てしまうとなかなか繋がらなくなってしまいます。その点を比較すると、ワイモバイルよりもWiMAX2+が魅力的ですね。

この3点を比較してみると、WiMAX2+の方が人気のある理由が分かりますね。どちらも料金自体は同じくらいなので、キャンペーンの情報など調べながら、自分にあったモバイル回線を探してみてはいかがでしょうか?