Uroad-Home2+と比較してnovas Home+CAを評価してみた!

据置型のルーターとして人気だった「Uroad-Home2+」。その後継機として登場したのが「novas Home+CA」です。
では最新の据置型ルーター「novas Home+CA」にはどんな魅力があるのか、評価してみました。

「novas Home+CA」の一番の魅力は、回線工事などをする必要がなく自宅ですぐにインターネットが楽しめるという事です。
通常自宅でインターネットを楽しみたい時は、わざわざ固定回線を引かなくてはいけません。
しかし「novas Home+CA」はそんなことをする必要はなく、ルーターが届いたらすぐにネットを始められます。
これは「novas Home+CA」に限らず他の据置型ルーター全体に言える大きな魅力です。

気になる通信速度ですが、「novas Home+CA」の下り最大速度は220Mbpsという速さです。
「Uroad-Home2+」の下り最大速度が110Mbpsですから、「novas Home+CA」が最新機器にふさわしい通信速度があることがわかると思います。
「novas Home+CA」がこの速さを可能にした理由は、CAというシステムを導入しているからです。
CAは複数の回線をまとめて速度の高速化をはかるというシステムです。「novas Home+CA」は110Mbpsの回線を2つまとめているから、この速さが可能になったんですね。
上りの最大速度はどちらも10Mbpsで同じですが下りの最大速度では倍の差があるので、「novas Home+CA」の通信速度は満足できるという評価が出来るのではないでしょうか。

また、「novas Home+CA」は同時接続数が有線LAN2台、無線LAN16台の18台になります。
これは無線LAN16台だった「Uroad-Home2+」に比べて大きなメリットですよね。
しかし「novas Home+CA」が利用できる回線はWiMAX2+だけで、WiMAXは利用できません。
これはWiMAXも利用できた「Uroad-Home2+」との大きな違いです。
基本的にWiMAX2+があればWiMAXは必要ないと思いますが、WiMAXを利用したいと考えている人は気を付けてくださいね。

「novas Home+CA」の魅力ついて語ってみました。
「novas Home+CA」は「Uroad-Home2+」の上位交換というのが最終的な評価です。
もし据置型ルーターを購入しようと思っているのなら、最新型の「novas Home+CA」を選ぶことをおすすめします。